クエスト攻略

スキュラの適性キャラ・攻略法【永遠の神殿】

更新日:

永遠の神殿で火、金曜日に出現するスキュラの攻略法と適性キャラを記載しています。攻略の参考にしてください。
永遠の神殿バナー

クリア動画

レベル55

レベル60

準備中

レベル65

準備中

スキュラの基本情報

優勢陣営は「光輝軍」と「流星直撃」

スキュラ戦に「光輝軍」と「流星直撃」のキャラを出陣させるとステータスが40%アップします。攻略の為にはこの二つの陣営の英雄をメインにして挑むのが基本になります。

スキュラの能力・攻撃パターン

スキュラのスキル

タレント:海神の呪い

効果:弱体化効果が付くたびに攻防+5%。行動終了時、味方に【荒波:行動終了時、周囲2マスに通常の0.3倍のダメージ】を1ターン与える。(この効果はCDが3ターン必要。)

コメント:弱体化効果が付くと能力が上がるのでなるべく弱体化効果をつけないようにしましょう。
4ターンに一度、荒波が発動し、周囲2マスに大ダメージを与えるので注意。

スキル:ディープフィアー

効果:CD:3、射程:4マス、範囲:単体
相手に通常の0.4倍のダメージを与え、【防御-20%】、【魔防-20%】を2ターン与える

コメント:0.4倍だが強力な単体攻撃スキル。これを耐えられるかが耐久ラインの一つ。

スキル:分体

効果:CD:3、射程:2マス、範囲:単体
分体を召喚する

コメント:分体の触手は遠距離キャラを優先して狙います。

スキル:シーサーペント召喚

効果:CD:3、射程:2マス、範囲:単体
シーサーペントを召喚する

コメント:シーサーペントはガードスキルと回復スキルを使うので早めに倒さないとスキュラにダメージを与えられません。

スキュラの立ち回り・攻略法

全難易度共通、レベル55

基本:荒波を避ける

スキュラは1、5、9、13ターン目にタレント「海神の呪い」の効果が発動して味方に荒波が付きます。
荒波は2マス先までの敵にダメージを与える範囲攻撃なので該当ターン時にはスキュラの2マス以内には攻撃できなくても近づかないようにしましょう。

スキュラ分体の荒波
荒波の効果は召喚された分体やシーサーペントにも適用される。防御が高い英雄は耐えられるのでそこまで気にしなくてもいいが、耐久が低いヒーラーや遠距離攻撃英雄は手痛いダメージを受ける上に触手で狙われるのでより遠くに離れて注意しよう。

基本:1週目のスキルの順番を覚える

スキュラはスキルを3つ持っていて、それをランダムに順番に使ってきます。
3つのスキルは全てCD3ターンなので順番に使うとCDの関係で

「スキルa→スキルb→スキルc→通常攻撃」→スキルa→スキルb…以下繰り返し

と、スキル3種類を順番に使用した後は通常攻撃でその後のスキルの使う順番は1週目と同じになります。1週目は容赦の時計を使うなり、やり直すなりして耐えしのげば2週目以降は攻撃の順番が分かるので対策しやすくなります。

スキュラの通常攻撃
通常攻撃後は1ターン目のスキルを使い、荒波も発動します。各スキルの対策は応用で紹介するのでそちらを参考にしてください。

応用:ディープフィアー対策…狙った味方に誘導

ディープフィアーは射程内の近接攻撃英雄を優先して狙いますが、それ以外にも特定の位置にいる英雄を優先して狙う傾向があります。

スキュラ攻撃優先度
画像の様な狙う位置の攻撃優先度があります。ディープフィアーの前には一番物理耐久が高い英雄はスキュラの右か上下から攻撃してそれ以外の英雄は左の方に寄せれば、残り耐久が極端に少ない英雄がいない限りその英雄にディープフィアーを当てる事が出来ます。

応用:分体対策…効率よく倒す

分体は再分体を出現させて、再分体は触手を使ってきます。分体はそこそこ耐久がありますが、再分体は耐久がかなり低いので簡単に一撃で倒すことが出来ます。
再分体は編成の中でも火力が低い英雄で一撃で倒し、分体は再行動できるシェリーで効率よく倒すことでスキュラ本体に与えるダメージをなるべく減らない様にして、制限ターン以内に倒せるようになりましょう。

スキュラの分体召喚場所
また分体の召喚位置は英雄でマス目を埋める妨害がなければスキュラの真上に召喚されるので、遠距離英雄を下に集めると触手で引っ張られても味方と分断されにくくなります。

応用:シーサーペント対策…上昇しているステータスを見極める

シーサーペント召喚で呼び出されたクラーケンはスキュラをガードするスキルを使い、行動終了時に味方を回復するので召喚されたターンに倒しきらないとクリアは難しいです。
また「深海のガーディアン」が発動すると【魔防+50%、魔法ガード効果】が付き、「深海の守護者」が発動すると【防御+50%、物理ガード効果】が付きます。「深海のガーディアン」発動時は物理アタッカーで攻撃し、「深海の守護者」発動時は魔法アタッカーで攻撃して大ダメージを与えましょう。

クラーケンに物理攻撃
深海のガーディアンならシェリーでワンパンしやすいのでそっちが来ることを願うばかり。

応用:魔法アタッカーを出す

スキュラ戦は召喚も含めて敵は水兵しかいなく、マップも沼地なので地形効果で敵の防御が常に30%上昇しています。その為クラーケンの「深海のガーディアン」発動時以外は魔法アタッカーの方が圧倒的にダメージを稼ぎやすいです。

スキュラにヘインで攻撃
優勢勢力の魔法アタッカーが育っていたら優先して入れましょう。高難易度攻略の為に1から育てるのも非常に有効です。

レベル60

タレントのステータス上昇効果がアップ

タレント「海神の呪い」でデバフが付いている時にステータス上昇値が5%から8%に上昇しています。

スキュラに看破
「看破」等の無駄なデバフ付与スキルでステータスが上昇してしまうので、デバフ付与スキルはあえて抜いたり別の同等性能の装備に変えたりすることで少しでもクリアしやすくできます。

レベル65

荒波の発動ターンが短縮

タレント「海神の呪い」での荒波のCDが3ターンから2ターンに減少し1、4、7、10、13ターン目に荒波を発動できるようになります。
こちらが攻撃できる回数が実質1回減るだけでなく、60までは毎回1つ目のスキルと同時に打ってきたので対策を立てやすかったですが

1ターン目は一つ目のスキル時、4ターン目は通常攻撃時、7ターン目は三つ目のスキル時、10ターン目は二つ目のスキル時、13ターン目は一つ目のスキル時

荒波時に使ってくる攻撃パターンがどんどん変化して立ち回りが複雑になります。
特に分体召喚時は分体は動いて荒波を当てようとしてくるので遠距離英雄が巻き込まれない様に注意しましょう。

スキュラ戦の適性キャラ

スキュラは「光輝軍」と「流星直撃」が優勢勢力なのでその英雄を中心に紹介する。

編成のバランスは超絶要員を入れて物理アタッカー×2、魔法アタッカー×2、ヒーラー補助要員×1がバランスが良くおすすめです。

超絶要員

キャラ オススメポイント
エルウィン
エルウィン
ヒーロー(歩兵)
光輝軍の超絶要員。アタッカーとしても優秀。コスト1の枠は看破を入れると敵のステータスを上げてしまうので入れない方が場合もある。
グニル
グニル
マーシャル(槍兵)
光輝軍の超絶要員。エルウィンなどの強力な超絶要員がいない場合は育成しておくとそこそこの活躍が出来る。

物理アタッカー要員

キャラ オススメポイント
シェリー
シェリー
ドラゴンマスター(飛兵)
タレント「逃走王女」で分体やクラーケンを倒した後に再行動でスキュラに攻撃が可能。火力も高くメインアタッカーに出来る。
マシュー
マシュー
ヒーロー(歩兵)等
そこそこの火力に攻撃指揮で味方の攻撃、知力の底上げも出来る万能英雄。

魔法アタッカー要員

キャラ オススメポイント
ヘイン
ヘイン
ウィザード(魔法使い)
CD1のスキルを2つ使える為、常に1.5倍の火力で攻撃が可能。テレポートで荒波発動ターンも味方を攻撃させてから射程圏外まで移動させることが出来る。
クリス
クリス
ヴァルキリー(僧侶)
CDが短めで味方を回復出来る強力な魔法攻撃持ち。兵士は物理攻撃兵になるのでクラーケン処理は苦手。

ヒーラー、補助要員

キャラ オススメポイント
リアナ
リアナ
プロフェット(僧侶)
ホーリーヒールやタレントで複数の味方を回復。再移動で味方を動かし火力補助が可能。
アメルダ
アメルダ
セイント(僧侶)
攻撃をしつつ味方の回復が可能。タレントで敵にランダムに無駄なデバフを与える可能性があるところが欠点。

永遠の神殿基本情報に戻る

-クエスト攻略

Copyright© ラングリッサー モバイル(ランモバ)攻略まとめ , 2019 All Rights Reserved.