アイテム関連

錬金してもいいSSR装備の優先度一覧

更新日:

ラングリッサー モバイル(ランモバ)の錬金で光輝ミスリルにしても問題ない装備の優先度一覧です。武具の魂を集める為に砕いていい装備の参考にしてください。

Sランク:錬金してよし

アイコン 簡易評価/例外
ブラッディハープ
ブラッディハープ
大きな特徴もなくSSRの弓の中でも最も必要性が薄い武器です。一度の出撃にアサシン、弓兵を複数入れる事がほぼないので他のSSRの弓が入手出来た瞬間に倉庫番を担当になります。
風斬りの剣
風斬りの剣
SSRの短剣はステータスが弓に攻撃で負けているので出番がかなり少ないです。剣士も剣を装備すればいいので特殊な使い道がない風斬りの剣は使う機会がほぼないでしょう。
星砕き
星砕き
物理錘を装備できる歩兵は剣、水兵は斧の方が攻撃を上げられて、僧侶は基本的に知力の方がいるので出番がないです。レディン誓約の剣の方が防御を上げられるので優先して装備する必要がありません。
エルフのベルト
エルフのベルト
敵の攻撃の数が近距離攻撃>遠距離攻撃の時が多く、遠距離の攻撃をする敵の中でも魔法職は範囲攻撃が多いのでスキルの発動機会が少ないです。
聖なる骨
聖なる骨
敵から受けるダメージは少ない方がいいのが基本で、反射ダメージも雀の涙程度なので使い所がほぼないアクセサリーです。

Aランク:光輝のミスリルが欲しい時に錬金

アイコン 簡易評価
ナイトホーク
ナイトホーク
竜巻使用中のボウマスターのルナの攻撃を唯一上げられる武器です。しかし魔防上昇値は最大レベルで5%と高くはないので、ルナを使わなかったり、他の武器で十分ならば錬金してもいい武器です。
闇の法衣
闇の法衣
防御上昇スキルの発動タイミングが遠距離攻撃の迎撃時と限定的で活躍する機会がほぼありません。装備可能な英雄も耐久がそこまで拘らなくてもよい遠距離キャラが殆どなので錬金術師のローブで十分です。他のSSR防具が揃ってきたら低レベルのこの防具を取っておく必要は薄いです。
光輝のサークレット
光輝のサークレット
部隊のHP100%時と条件が非常に厳しく、かすり傷を受けただけでスキルなしになります。その割にそこまで破格の性能をしているわけではなく、強化リソースを割くならSR装備の方がおすすめです。他のSSR防具が揃ってきたら低レベルのこの防具を取っておく必要は薄いです。
ドラウプニル
ドラウプニル
聖なる骨と同じく反射効果が活かしにくく、遠距離なので更に活躍機会は少ないです。知力の基礎ステータス上昇とスキルの知力上昇効果は悪くはないので他の知力型アクセサリーを持っていない時は取っておいてもいいですが手に入ると倉庫番になります。
聖杯
聖杯
範囲攻撃でも発動する条件は緩いですが、攻撃の為の位置取りをした状態での1マス先までと言う回復範囲の狭さがネックで活躍が難しくいです。ヒーラーなら単純な回復力上昇アクセを使い、アタッカーならより高いと力上昇倍率のアクセを使う様になると装備する機会は非常に少ないです。

Bランク:ほぼ上位互換装備がレベル50になると出番なし

アイコン 簡易評価
王座のガーディアン
王座のガーディアン
スキルのHP上昇効果はおまけ程度で無視するとラグナロクジャッジメントアックスが上位互換です。これらの武器が50で斧がもういらなければ錬金して後悔しないです。
悪魔の接吻
悪魔の接吻
スキルのHP上昇効果はおまけ程度で無視するとラグナロクが上位互換です。ラグナロクのレベル50を持っていたらそれを差し置いでこの武器を装備する必要は薄いです。
ヒドラボウ
ヒドラボウ
与ダメージ減少デバフが遠距離武器なので活かしづらく、それを無視すると究極の魔弓が上位互換にになります。究極の魔弓のレベル50が出来ていたら、弓の数が足りない限りは持っている必要は薄いです。
煉獄
煉獄
固定ダメージ発生のタイミングが微妙すぎて固定ダメージが生きるギミックでは便利かもしれませんが、それ以外では普通のステータス上昇スキルに劣り気味の効果です。知力2%上昇のSSR杖のレベル50を持っていたら数が足りない限り持っておく必要性は薄いです。
女神のローブ
女神のローブ
自分の回復効果上昇は装備可能な兵種的に活躍する事がほぼなく、例外のクリスレディンは別の兵種の防具を装備した方が強いので防具が揃ってきたら選択肢から外れやすい防具です。
闇の王冠
闇の王冠
スキルのHP上昇効果はおまけ程度で無視すると吸魂の髪飾りが上位互換になるのでレベル50を持っていて防具の数が足りていたら持ち続ける必要は薄いです。
天使の羽
天使の羽
回復効果上昇の為にヒーラーに装備しますが、スタンの標的にされることは基本無く【スタン無効】が死に耐性になりやすいです。瑠璃の宝珠の【アクティブスキル封印無効】を差し置いて装備する必要は基本無いです。
巨人のベルト
巨人のベルト
このアクセサリーを付けるであろうガード役は基本的にガードするために周囲2マス以内に味方がいます。聖王護符の条件を満たしているので、聖王護符を50まで強化出来ていたら数がいらない限り持っておく必要性は薄いです。

錬金の基本情報

錬金はアイテムを手放す事でコインを入手する方法です。

錬金で強化に使ったコインと匠の工具、ミスリルの一部は戻ってくる

強化した装備を錬金すると錬金に使用したコインと匠の工具はそのまま戻ってきます。
錬金前
錬金後
またミスリルは凸(突破)なしのSSR装備の時は光輝ミスリルは100、最後まで凸(3段階突破)の場合は400入手することが出来ます。

つまり武具の魂を使わずに同じ装備だけで突破した場合は突破せずにそのまま錬金した場合と同じ数だけ光輝のミスリルを入手することが出来ます。

一方でエンチャントの巻物とそれに使ったコイン、突破の為のルーン(時空の裂け目で入手できるやつ)は戻ってきません。

評価の基準

評価の基準です。上の一覧の理由の理解を深める為に一度目を通すことをおすすめします。

装備ガチャは引かない微課金を想定

この錬金してもいい装備一覧は装備ガチャは引かない微課金を想定しています。装備ガチャをよく引き、代わりの装備がすぐに入手できるプレイヤーは想定していませんので注意してください。女神の試練や報酬で入手した装備を必要に応じて適度に錬金しつつ、後悔しないようにやりくりする方法です。

またここで入手した光輝のミスリルの交換先は基本的に武具の魂・特級です。ショップの装備ガチャは基本的に無駄になる事の方が多いので突破したい装備が一つもない時やガチャ欲を満たす為のみが無難です。

Aランクまでが即錬金ライン

入手した装備の中でもAランクまでは使い道がほぼないので錬金して問題が起こる事は無いでしょう。Bランクは上位互換装備があるだけで性能面が悪いわけではないので、上位互換装備の母体だけなく強化が50まで行く目途が付いてからの錬金をおすすめします。

運良く(?)女神の試練等のドロップで意図せず錬金対象の装備がダブる事もありますがその時は上位互換装備が完成するまでは突破をしてレベルを上げて使う方がダンジョン攻略は楽になります。

防具、髪飾りは錬金優先度低め

防具(体防具)と髪飾り(頭防具)は武器とアクセサリーに比べて、種類が少ないので女神の試練でダブりやすいです。その為防具と髪飾りは錬金してもすぐに同じものが手に入り、錬金せずにそれを突破した方がよかったなんて事が良く起こります。その為武器とアクセサリーに比べ優先度は低く設定しているのでご了承ください。

おすすめ記事

-アイテム関連
-, ,

Copyright© ラングリッサー モバイル(ランモバ)攻略まとめ , 2019 All Rights Reserved.